◆鎌倉観光暦と香の店「鬼頭天薫堂」

2008.11.26.Wed.20:43
パッチワークと関係ないんだけど、今日は鎌倉紹介。
最近喪中はがきが届きます。

お手紙でお返事をする方にはいつもお線香をお送りしています。香典は本来「香奠(こうでん)」と書き、香をすすめる・お供えする意は味で、「祈りの心を香りに託す」という、とても奥ゆかしい日本伝統のマナーだそうです。

それなら鎌倉ならではの香りをお届けしたいと鎌倉小町通りにある香司「鬼頭天薫堂」、ここが気に入っています。
鬼頭天薫堂 源氏山

お線香とお香は異なりますが、こちらのお店のお線香は我が家でも愛用しており、その香りは「朝比奈」「源氏山」「若宮」「鎌倉五山」など鎌倉にちなんだネーミングで京都の雅なかんじではなく、質実剛健的な武士のような香りが気に入っているところでもあります。

白檀の(ふくよかな芳香を添えたとあります)???むずかしいです。香りを言葉で表現するのは、

天薫堂さんの「源氏山」のフレーズは
坂道を登りつめると、古都鎌倉の家並越しに相模灘の光る波頭が望める源氏山。
木洩れ日の中にたたずめば、ふと過ぎ去りし時代の栄盛がしのばれます。


ってな感じですね。 甘くせつなく、木の香りです。

代表的な原料は、椨(たぶ)・沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)・桂皮(けいひ)・丁子(ちょうじ)・大茴香(だいういきょう)などだそうです。

これらは自然の植物に由来するところからアロマと共通していますね。
私はもっぱら香りが回りにないと落ち着かない、眠るときはサシェを枕元に、手足の乾燥を防ぐマッサージにはドイツオーシェディのオリーブオイルにオーシェディエッセンスオイルをブレンドしてクンクンしています。(ここのメーカーはすごいです)
オリーブオイル
香りは脳に直結するので効果が早く、苛立ちを押さえ、ストレスが解放された(ときはなされた)感覚になります。そうやって自分で回復させ、いたわっております。

お香やお線香はお部屋のにおいを消す効果もありますし、これからもいろいろな種類をためしてゆきたいと思います。また紹介しますね。
今日は煙の少ない華ごころというお線香を贈り物に選びました。

天薫堂さんから、たまたまカレンダーをプレゼントしていただきました。
鎌倉観光暦とあります。

どこかで聞いた名前でした。
中学の同窓会で数学の先生が「毎年カレンダー作ってんだよ~。結構売れて人気なんだぜ!」と話していた。もう、おじいちゃんになってしまった当時の矢部先生。

それがコレだった。撮影・矢部進一となっている。
これのことか~。手に入れました。地元鎌倉で評判のカレンダーです。
鎌倉観光暦
ちなみにこの紅葉は海蔵寺、撮影もうまいし、カメラマンだったのか!
すごいね、先生。


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示