鎌倉の閻魔様(円応寺)と白いハスの花

2017.08.27.Sun.10:08
暑い日ですが鎌倉八幡宮に蓮の花を見に行ってきました。
20178254.jpg
20178256.jpg
やはり、時期が少しずれていたのでほとんど終わりに近い状態です。
画像は撮り忘れてしまって・・・

お参り後 本殿の裏に出て丸山稲荷を過ぎて
20178258.jpg
20178257.jpg

巨福呂坂(コブクロザカ)です。良い名前ね。
いつもは車でサーっと通り過ぎてしまうトンネルの近くのお寺 円応寺です。
201782513.jpg

午前中なのに暑くて蒸す日、おまけにのぼり坂はきつい!
やっとトンネルの中に入り、風が吹いて涼しいです。

トンネルを抜けた北鎌倉よりの 少し上がったところにあります。
建長寺の少し手前あたりです。
臨済宗 建長寺派 円応寺(えんのうじ) 通称えんま寺です。
201782511.jpg

201782510.jpg

20178259.jpg

お堂の中に閻魔様はおられて 撮影禁止です。
これはパンフレットからの画像です。
201782518.jpg
パンフレットより抜粋です。

「私たちは両親から生まれ、その両親もそれぞれの両親から生まれ、何十代、何百代にもわたる大変な数の
ご先祖様がおられ、そのおかげで存在し、生かされています。

一瞬も休もこともなく命の輪廻が行われている。

私たちが存在するために犯した罪があるとすれば、仏教的に 閻魔様に懺悔することによって許される」

このような感謝と懺悔をし、安心した人生を送ることを閻魔様は願っているというものです。

そうですね、感謝です。

お堂内には十王様がおられます。(冥界において出会う十人の王様)
死後の7日ごとの7回 百ケ日 一周忌 三周忌
合計十回の取り調べです。
この話は叔父の葬儀の時に聞きました。
その結果により六道(天上 人間 修羅 畜生 餓鬼 地獄)のどこに生まれるかが決まります。

私たちはその結果人間だったのですね 

なるほどです。

ここでまさに取り調べを受けた気持ちになり
お参りさせていただいた後のとてもさわやかな
真摯な気持ちを再確認できました。
また何に対しても感謝の気持ちです。

お地蔵さまもおられて
201782515.jpg

いただいた御朱印
201782519.jpg
墨たっぷりの力強い十王の文字

201782512.jpg
咲きはじめた萩の花

いろんなことを教えていただきました。

帰りは下り坂ですが さすがに暑くて
娘の要望で小町通りに出て いも吉さんのアイス
久しぶりの紫芋です。
娘が小学校の頃よく食べたものです。
201782514.jpg

次はランチですが本来の目的はここにも来たかったというものです。
TV番組でキンキキッズがおいしいトマトを食べていて
そのシェフが開いているお店 「鎌倉Dining 由比っと」

六地蔵あたりです。
たどり着いたら ランチの時間は予約のお客様のみということで
がっかり~

というわけでこの近くの
マイベスト3に入るお気に入りのお店にいくことに
201782517.jpg
201782516.jpg
地元の皆さんがよく行くところです。
教えたくないほどのお店です。



せめての以前に撮った源氏池の白いはすです。
20188521.jpg

ついでに自作品。
20178271.jpg

この日は暑かったけど この蓮の花のように清々しい一日でした。







オリジナルキットなど作っています
アトリエサーティーズスタイルショッピングページ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示