浄光明寺の網引地蔵さまと春のキルト

2017.04.12.Wed.21:03
ちょっと前のmiyukiさんと行った鎌倉遠足の浄光明寺編です。

ここはとても思い入れのあるお寺です。
楊貴妃観音と水仙が真っ盛り
201741211.jpg

ミツマタの自然な姿が風情あります。
201741213.jpg

皇室や北条氏にもゆかりがあり、鎌倉の臨済宗などとは趣を異にする真言宗泉涌寺派
菊の御紋です。
201741214.jpg

その雰囲気は別格という感じがします。
国重文の阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩さまは撮影禁止です。1299年に作られたと700年も前なんてすごいです。
奈良の美術展に展示されたそうです。

また、矢拾地蔵さまもおられます。


20174127.jpg
浄光明寺の背後の小山に登ります。

小さなやぐらの中に(鎌倉の山にはやぐらだらけです、ほら穴か洞窟のようなものです)
おすわりになられている網引き地蔵さまです。石仏です。
20174126.jpg

画像がぼんやりですがにっこりとした優しいお顔です。

由来は由比ガ浜で漁師の網に引っかかったお地蔵様、
裏の名を見ると浄光明寺の名があったそうです。

以来ここのやぐらの中に大切にまつられています。
そしてその視線の先には由比ケ浜が一望です。
20174128.jpg

私は慈悲深いこのお話が大好きで 泣きそうになります。

どんな状況で海に投げ込まれたのか、持ち出されたのか
多分戦乱のさなかなのでしょう。

その後、優しい人間の気持ちとお地蔵さまの気持ちが連動して海の中から運んで、この海を眺める場所におられます。
今は平和に 眺望を独り占めしておられます。

ここのお山に入れるのは木曜日 土、日、祝日の雨以外の10時から16時までの限られた時間です。(正午~13時は休止)

なぜ海の中にいることになったのか、それが甦ったのか謎めいていますね。
私が訪れるのは2回目になりますが、以前こキルトにしてみました。
20174129.jpg


お地蔵様は仏様グループの中でも一番人間を救う慈悲深い存在と言われています。
地獄の底の底の魂も救いに行かれると・・・




話は変わって先週の戸塚カルチャー教室で出来上がりました。
ティッシュケースです。
20174122.jpg
201741216.jpg



ケイフさん布のポーチ
黄色いバイアスが可愛いですね。Yさん。
20174124.jpg


私の「春の鎌倉キルト」です。2016年作
源氏池 荏柄天神 本覚寺のしだれ桜 梅花はんぺんです。
201741210.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示