鎌倉歩き~海蔵寺  

2016.02.16.Tue.20:10
鎌倉のお寺でベストテンに入る海蔵寺さんです。
扇ガ谷の奥の奥ですので少し歩きますが
品格ある 自然やお花の美しい 何といってもご住職のお庭の手入れが素晴らしいです。
ということはマナーの悪いお客さんには来て欲しくない場所です。

観光化されていないので拝観料もなしでこのように美しく維持することに
いかにいろいろのものを大切ににするかが伝わってきます。

そんなわけで静かに散策しております。
kai1.jpg

正面は本堂 右側に瓦葺きの社務所
ここで御朱印いただきます。
kai4.jpg

ここには「かいどう」鎌倉随一の枝ぶりです。
満開ではありませんが ピンクの品の良い人気の花。
kai8.jpg

kai17.jpg



左側には薬師堂 
kai6.jpg

中には薬師三尊像 十二神将像
kai18.jpg

薬師瑠璃光如来様の御朱印です。
kai22.jpg

こちらの薬師如来像には伝説があり山裾から夜毎に子供の泣き声が
聴こえて探してみると土の中から金色に光る薬師面が出てきて
それを新しい薬師如来像を彫って胎内に面を収めたというのがご本尊。
この胎内物仏は啼薬師(なきやくし)と言われて61年に一度しか開扉されないそうです。
胸の位置に扉がついていてパカって開いて、これは写真のみの公開です。

薬師瑠璃光如来様は左手に薬壺を持たれていて中には霊薬が入っています。
真言を唱えますとその人に応じた処方箋を頂けるのです。
私も心の中で感謝 癒しの効果を頂いた確信がありました。



境内には四季折々 海蔵寺さんほど季節を問わず何らかの花が一年中楽しめるところはないそうです。
kai16.jpg


そんな中で特に今 冬から春へのこの時期にぜひとも見ておきたい可愛い福寿草さんです。
kai21.jpg

わ~ 咲いてる咲いてる
kai10.jpg

苔むした一面に大切に育っています。
昨今では目の前に福寿草を見る機会もなかなかありませんので、なんか感動してしまいます。
初めて見たし。
kai11.jpg


kai20.jpg

kai19.jpg

kai9.jpg

kai5.jpg
心が落ち着いて 静かな境内に気持ちも洗われます。

お花も良いのですが 私の好きなのはこの奥にある十六の井 
中央には観音菩薩像
その下方に弘法大師像を安置。(あらゆるところに弘法大師さまは出現)
kai13.jpg

この形が神秘的で十六とは(薩・王・愛・喜・寶・光・憧・笑・法・利・因・語・業・護・牙・拳)の菩薩を表現するそうです。海蔵寺パンフレットより

鎌倉の四季のお花や場所をアップリケしている私にとって
この十六の井戸の神秘的なところに加えて 穴の形状の造形美、
ぜひとも鎌倉キルトに取り入れること! 決定です。

他に、鎌倉には鎌倉十井(かまくらじゅっせん)と言って甘露の井 鉄の井などありますが
十六の井はこれには入りません。
kai12.jpg

ここに行くには鎌倉特有の切通(きりとおし)
kai14.jpg

kai15.jpg

こんな風情もたまらない古都鎌倉の魅力です。


kai3.jpg kai2.jpg
お寺の入口の右側には底抜けの井もあります。
桶が抜けて悟りを開いたという井戸です。ここは鎌倉十井に入っています。


長くなりましたが本当におすすめのお寺です。
これからさらに暖かくなればもっとお花の見頃になりますね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示