伊勢神宮参拝の旅 2

2015.08.07.Fri.21:29
神宮会館に泊まった訳は早朝の内宮参拝に解説付きで連れてっていただけるからです。
遷宮の時は混んでいたし、自分の心境が伴っていなかったのもあって、まさに今この時を迎えることができて感無量です。
ise20.jpg

ise22.jpg

遷宮は20年おきに全ての社、橋、鳥居を新しいものに変えます。
お白石といって、社の白石も一人ひとりが運びます。お白石持行事
敬意を持って木を切り、建物を作り、天照大御神様に新しい宮へお移りいただくお祭りが続きます。
こちらでご用が済んだヒノキはすべて全国の神社や仏閣にお下がりされるそうです。

感激したのはそのおさがりであろうヒノキをうすく削ったものがお祓いを受けた際にいただいた
神札にひもろぎとして添えられていました。
おすそ分けいただいて感激です。

五十鈴川
ise21.jpg

ise24.jpg

早朝なのでこの静けさ、空気が澄んでいて清々しい忘れられない時間を過ごしました。
神宮会館の解説のお姉様もとても気持ちよく分かりやすく 丁寧に接してくださってありがたいことです。
ここの伊勢の地元の方はみな親切です。
おもてなしの鏡のようです。これならサミット開催もも恥ずかしくありませんね。
ise26.jpg

ise27.jpg

言葉はありません。
上は撮影不可です、ここまではOK。

自分の願望はここではお願いせずに、この日本という国に生かして頂いている感謝をするのがふさわしいということです。

二千年も変わらない姿を伊勢神宮一帯が守り続けていることに驚きます。
そして、平成25年に遷宮がありましたあとも次の20年後に向けて、いろいろな仕事は進められているそうです。

ise28.jpg

左はシンプルな内宮の御朱印
右は猿田彦神社
ise32.jpg


早朝参拝を終わり、朝食を頂いてからもう一度ゆっくり内宮をお散歩、その後おはらい横丁へ

神話がイマイチわかりにくい、それと猛暑で外を歩くのが暑い!
というわけでちょうど良いところ、おかげ座「神話の館」

ここがクーラーギンギンです。
神話シアターでこの世界はどうやって始まったのか
アニメと和紙人形で物語ります。
これがとってもわかりやすい、

アマテラスオオミカミ、スサノオノミコト、ツキヨミノミコト、
ヤマトヒメ、アマノイワト、ヤマタノオロチ

なるほど、なるほどで勉強になりました。
すごくおすすめのところです。

ここは赤福さん
ise17.jpg

蘇民将来の飾り 千客万来や商売繁盛などいろいろです。
貧しいけど心優しいお話が元になっています。
伊勢はいろいろと神話や伝説のお話しが多いところ

ise15.jpg


お醤油ソフトクリーム
ise16.jpg


五平餅とレモン水
ise29.jpg

その後は名古屋デパ地下でお土産の手羽先とおいなりさんを買って 新幹線で帰路につきました。
ise30.jpg

名古屋限定のゆかりゴールド缶
ise33.jpg

帰ってからどこに行っても暑いですが、心は清々しくなりました。
暑い夏を乗り切ることができますように、ぼつぼつと制作に励みます。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示