◆キルトコンクールに応募するっ!

2008.06.25.Wed.17:07
去年のキルトジャパン誌のコンクール「キルトジャパン賞」は第二次審査で落選しました。
去年は仕事が忙しく、バッグ部門にて応募したのですが本腰が入らずダメでした。

今年は6月に入り、急に思い立ち(うっかりしていました)作りました。
毎日ハードに作ってたので、乱視の目で焦点が合わなくなり、キルトに苦労しましたが、あさっての締め切りに何とか間に合いそうです。

チラットお見せするとこんな感じ(セピア調は画像処理です。恐ろしくハデなのでこれ以上はとてもお見せできません)お気に入りの農作業のビンテージ布と売れ残った嫌われ者のビンテージ布を使いました。(嫌われ者なんて表現、今後改めます。個性的過ぎる布かな)
okutagon1.jpg

以前に作っていたもう1枚の和のものも少し手直しして応募しましょう。
これはヨーヨーをくわえて月見団子にしました。
koncool2.jpg


koncool3.jpg

そしてこれは生徒さんMさんの思い出の作品。
亡きご主人のネクタイや嫁いだ娘さんの晴れ着の一部やらを使っています。
これは大きいので横浜キルトウイークに応募します。
こちらもあさって締め切りです。さあどうなるでしょう。生徒さんの作品ですが私がご指導しましたので
これも先生としての力量を問われることになります。

まだまだご指導もままなりませんが、それぞれの個性を引き出し、生徒さんの好みの作品を作ることに心がけます。

とこのように、今まではじっくりとコンクール作品を作ることもままならなかったイザベルですが、もう今からやらないとあと何年挑戦できるか!

できればヒューストンキルトフェスティバルも自費ではなく、入選招待で行って見たいもんですね。
それはそれは見事な作品ばかりで光栄でしょうね。

とはいえ、それを実現されている方も何人もいるわけで、自分の好きなようにテーマに沿ったオリジナルのキルトを作ることは本当に幸せなことだと思います。
それが評価されればそれはそれで嬉しいですが、自分で目標を決めてそれに没頭する喜び・・・それもビンテージ布、フィードサックで作るなんてこの上ない幸福なことですね。
有難い話です。

布に感謝です。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示