円覚寺の舎利殿アップリケしてみました。

2013.05.30.Thu.17:46
歩いたのは5月の新緑が美しい季節でした。

北鎌倉駅の前はもう入り口です。というより、敷地内を横須賀線が通るようになったそうです。

前には白鷺池(びゃくろいけ)緑がコンモリとした中に吸い込まれていくような石段を昇ります。

en.jpg

江戸時代の再建だが中世の香りが漂う山門 鎌倉五山の二番目禅宗 円覚寺

禅宗は武家に好まれて 幕府の後ろ楯が執権北条氏なので 北条時宗創建
無学祖元開山

ミツウロコの三角マークがあちこちに見られます。

en1.jpg


おなじみの木の柱の組み方はこのような形が主流
en4.jpg

仏殿には釈迦如来像 時宗が元寇で戦死した両国の殉死者を分け隔てなく弔うために建立した寺だそう
en5.jpg

時宗さんはこの時期攻めてきた元寇に苦労して三十三歳の若さで亡くなる。
神経をすり減らしたゆえの短い生涯でした。

仏日庵は廟所、緋毛氈の縁台で抹茶が頂けますがこの日は省略、
北鎌倉のマチが見渡せる弁天堂茶屋にいってみました。
en10.jpg

アンミツ頂きました。
en11.jpg

次はやはり舎利殿 国宝ですよ~。 
この日はいつもは非公開ですが鎌倉まつり一環の特別公開
それも鍵のかかっている、修行場の横にある、真摯な気持ちで見せて頂くところ

質素な若いお坊さんが待っていてくれております。
静かに手を触れず、ウロチョロするのはだめです。

観光ではありません。今も寺に帰依した修行僧の神聖な場所もあります。
初めて見せて頂きます。

その美しさは質素の中にわらぶき屋根、屋根のラインの美しさ、シンプルさ
これは室町時代のものだそうで 長い時を経てきた存在感に感動します。
きらびやかでない美しさです。

この画像はお借りした画像です。
en14.jpg

そして開祖 無学祖元は中国から禅宗をひろめに建長寺や禅宗に力を尽くされて
中国に帰ることもなく、日本のために生涯を終えました。像には帰ることが出きるようにかどうか、
ですがお靴もそろえられていました。
en15.jpg

そのようないろろなことが鎌倉時代にあって、脈々と今に至っておりますこの空間に
禅宗の教え、質実剛健さに他の観光化されてしまった寺とは違うなと感じました。
早朝座禅会や講座 宿泊座禅等も行っているようで素晴らしいですね。


この感覚をキルトにしてみました。

en16.jpg



別の場所にあでやかなぼたんが咲いていましたので添えたくなりました。
この布、何と北欧のティルダを切り抜いてます。
en7.jpg

禅の字はシャドーキルト、本日 先週できなかった鎌倉キルトレッスンいたしました。


他にも白雲庵 檀家さんのお墓のあるところです。
その庭園にもこんなちいさな仏様たちが可愛らしくいらっしゃいます。
en8.jpg

en9-1.jpg

en8-1.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
No title
めまいは良くなりましたか?

キルトのやり過ぎ?ホルモンが原因?
私も気をつけます。

パ倶楽部見ました~そうだったのですね。

私は鎌倉へはスワニーに直行直帰で散策時間もなくイザベルさんのブログ拝見でいろいろ知ることになりそうです。

お大事に・・。
Re: No title
Mimakaさん
ご心配ありがとうございます。

キルトのやり過ぎ?ホルモンが原因?

はい、両方です。しようがない、加齢です。

今まで無茶してましたから、良い戒めになりました。

Mimakaさんも少しゆっくりをおすすめします。
頑張っちゃうタイプですもんね。

お互いに体をいたわって楽しいキルトをしましょうね。

管理者のみに表示