今日のレッスン&丁寧に作るってこと

2013.05.11.Sat.18:40
パッチワーク倶楽部さん前号に掲載して頂いたソーイングのタペやお針回り

毎日キットのお問い合わせやご注文頂き、私の中ではとても本の反響が大きかったです。
ありがとうございました。

さらにオクタゴンのソーイングミニボストンバッグも質問やオーダー頂き、
昨日納品しました。
何と一ヶ月強お待たせ、喜んで頂きまして良かったです。

boston2.jpg

boston3.jpg
ご質問がありました持ち手は本に使用したものは昔カントリーキルトマーケットさんにて購入したもの
たぶんカントリーキルトマーケットさんのオリジナルです。
赤と青の本皮です。

もうこれが無かったので今回はイナズマさんの外付けの持ち手を使っています。

さらに細部は糸通し器収納きんちゃく 底に糸で固定
boston1.jpg

糸ぶら下げひもはプラつつみくるみボタンです。
boston.jpg

きれいに仕上げることができて嬉しいです。

手の怪我以降何事も落ち着いて 動作もゆっくり丁寧にすることに決めました。
年とったんだからね。気をつけなければです。

すると何と心地よい気分 セカセカせずに心にゆとりがあるって良いわー。

今までしめきりや時間がないのに無理していたんだな~

よーくわかりました。すると仕事も丁寧にきれいに仕上がるではありませんか。

このようなことを学びました。



そして今日は鎌倉教室レッスン

これも以前に生徒さんと一緒に購入したスーチャン織りの布
やっと使う日が来ました。
お待たせしました、これをショルダーバッグにすることにしました。
boston4.jpg


一人分は布巾x50cm 柄もあるので考えました。
見えないところは別布を足したりマチを他の布にしましょう。

これもまた古いビンテージですが20年前から出番を待っていたね。
待たせたね~。なかなか合わせにくかったからね。

今回ぴったしの可愛さ具合いです。
boston5.jpg

マチとふたにぐるりと一周バイアス、まだパーツごとの説明なので途中画像です。

丁寧に作ることはむずかしいことですがせっかく作るのだから
時間をかけて完成を目指します。

そして本屋さんで気になった斉藤謡子先生の本
最近は北欧物や袋物に、素敵に充実の作品の数々

この本をじっくり読んで技術アップをはかりたいと思います。
boston6.jpg






にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示