◆秋の妙法寺と安国論寺と逗子コミュニティーパーク

2012.11.03.Sat.18:00
すっかり秋めいて気持ちの良い空気感です。

鎌倉の紅葉は12月と遅いのですがちょっと確かめに今回は大町方面に行ってみることに、
といっても健康診断のための検査に大町のN病院の前

日連の拠点が多いこのあたりは松葉ガ谷(マツバガヤツ)と言われています。
静かな山深い谷(ヤツ)といいます。
鎌倉ではオウギガヤツとかカメガヤツとか言うように。

日蓮は比叡山、高野山で修行を積んだあと鎌倉にやってきました。
建長5年って建長寺が栄えてたって時代、ってことを意味するのだね、

当時は禅宗や念仏系が多く、邪教ということで、「立正安国論」を書き幕府を批判します。
北条時頼は黙殺したが、他の仏教者に追われることになります。

日蓮 えにしのそんな庵や寺がこのあたり大町や材木座に多い、鎌倉時代は政治も宗教も混乱の時、
まだまだ知らないことばかりです。

日蓮が処刑されそうになり、雷が落ちてまぬがれそのときに老女がぼたもちをさしだしたという
常栄寺も大町、通称ぼたもち寺です。

又、逃げようと白いお猿さんが現れて手を引いたという寺はトンネルの向こう、逗子よりに
法性寺(ホッショウジ)又、日蓮辻説法跡、雨乞いの池、長勝寺、本覚寺等、それを調べてみるのもおもしろいかも知れません。



安国論寺
nitiren1.jpg

nitiren4.jpg
神社のようにきらびやかでないのですが、静かで落ち着きます。

紅葉はまだなく、緑色のもみじの葉っぱ
nitiren7.jpg

ホトトギスがきれい、石仏
nitiren5.jpg

nitiren6.jpg

境内は霊場の順路になっていてこの先、南面窟、富士見台等見ごたえがあります。

そして、すぐそばの妙法寺
nitiren8.jpg

こちらも静か、平日なので誰もいません。
お庭が広く、手入れも大変そうですが自然の感じが良いです。

ボーボーのすすきと萩も良い風情
nitiren9.jpg

鎌倉の苔寺と言われ、苔の階段があります。
手前には仁王門にあうん
nitiren11.jpg

nitiren11-1.jpg
nitiren11-4.jpg

迂回して入りますが、かまきりさんが通せんぼしておりました。
nitiren14.jpg

nitiren15.jpg

この上にさらに法華堂、御小庵跡、日叡上人御墓等ありますが、検査のため昼食抜きのため、
お腹が限界になりまして、帰ることにします。
そして、クリスマス品を作らねばなりません。

もっと秋を憂いでいたかったのですがお腹と販売には勝てません。

日蓮さんのこと、鎌倉のこともっと勉強してきます。



そして、翌日は逗子亀ヶ岡神社にて 逗子コミュニテーパークのイベントに出店している
ユーミッシュさんにクリスマス品を届けに行きました。4日まで開催中。
nitiren16.jpg


自分でいうのも何ですが、ミシンでラメ糸が可愛いいコースターです。
さあ、これからはクリスマス物量産の季節、どんどん作りますよ~。
nitiren17.jpg


そして、ココで売っていた1ヶ100円のハーブを植えてみました。
サシェで有機のラベンダーのポプリを買ったのに
自分で育ててみたくて植えてみました。

可愛い苗です。季節がこれから冬なのに植え時がちがうかも・・・?
nitiren18.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示