◆四角つなぎ

2011.09.19.Mon.13:23
いつまでも暑くてしつこいこの夏にイヤになります。

この3連休は今週、来週とお客様がくるため、大掃除となりました。
だが、ちょっと動くと汗ダラダラ、まとめてやるって大変です。

いつもチョコチョコやっていれば良いのにそれができない私です。

網戸をはずして水洗いしているうちに気持ちよくって、家中の網戸を前部はずして
ガラスもピカピカで本当に気持ちよいです。

やりだすときりがなく、根をつめるので、汗びしょびしょではあはあしてしまい、くたびれました。
冷房ガンガンかけてお昼ね、心地よく熟睡してしまいました。


目覚めてからは

気になっていた四角つなぎ、先月のアイリッシュチェーンに続くのは
やはり四角つなぎのアラウンドザワールドのパターン
四角は単純なのに奥が深く、パターンはエンドレスにあります。

この原点パターンを見ていて、牧場のキルトを作りたくなりました。
このキルトはアメリカ旅行時に買ってきた中で一番気に入っているものです。
アンティークキルトのアラウンドザワールド ベッドカバーサイズ。
sikaku7.jpg

この四角は2.5cmですが2cmのものもあったりで
縫い目はあまりきちっとそろっていません。

日本人は本当にきちっと正確にピーシングしますが
この作者のアメリカの方はわりと大ざっぱです。

それでも気が遠くなるほどぐるりとまわしています。
根気ありますね~。

今日は何段かを数える気力はありません。

sikaku4.jpg
とっておきの牧場のフィードサック
このように風景や大柄のモチーフに弱い私は
これを何層かで囲みたくなったのでした。

2,5cmでやる元気はありません。
3cmの四角に決めました。

方眼ノートと色鉛筆で大体の計画はたてましたが、
実際縫ってみないと分かりません。

こんな感じの大きいグループを何枚かつくり、ワキに小グループを配置する方向です。
sikaku5.jpg

ロータリーカッターでひたすらカット準備、
この作業が意外とかかります。
sikaku6.jpg

縫うのはファイヤーキングのお皿ごと1階、2階へと移動します。
マチ針1本、縫い針1本最低これだけで進みます。
sikaku8.jpg

でもこんな素敵なグッズに入れてのパッチワークスタイルですが、
結局は机の上に置いたカットボードの上でザクザク縫うのがやっぱりやりやすい。
なぜなら左上のグリーンのカップ麺のような容器・・・このくらいの口の広いゴミ箱が使いやすいから、
おしゃれなグッズは持続しません。

sikaku9.jpg


それでもつなげてこれも展覧会にお見せできればとがんばります。

もう少し涼しくなると良いですね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示