◆第6回 鎌倉音楽祭 鶴舞2011

2011.08.29.Mon.09:15
昨日 「鎌倉音楽祭 鶴舞2011」奉納ライブコンサート 楽しんできました。
これは始まる前階段に座るところです。お尻が痛いので赤いシートがひいてあります。

撮影禁止ですので画像でお伝えすることはできません。
やはりここで観て、ここならではの空気感の感動を味わいたいものです。

近所のKちゃんと少し早めに並びますが、整理番号順ですので
意外と階段の下から18番目あたり、ステージまん前です。
すごい良い場所をゲットすることが出来ました。

ongakusai4.jpg

まずは神主様の御祓いからです。

出演者はスターダスト・レビュー  Chage
夏川りみ miwa ふくい舞 藤澤ノリマサ
Sindy Le Velvets 福島南相馬の合唱の皆さん

プロデューサーはFNS歌謡音楽祭、「コクリコ坂から」の音楽担当など活躍の武部聡志さん、
ピアノ演奏していました。

良かったです。
やはり自然の中、神様の前での舞殿ステージが素敵です。

オープニングアクトのLe Velvetsもイケメンでした~。
ふくい舞チャンもきれいで歌うまい、 藤澤ノリマサクンはポップオペラで声量がスゴイ!

スターダストレビューも結局みんな良かったです。

一番の感動は舞殿の美しさ。

オレンジの柱が夕暮れ時はオレンジ色、
日が沈む頃にかけて柱がうすグレイがかって、屋根は黒っぽくなってきました。
舞殿の建物が幻想的でこの美しさに頭がイカレそうでした。

ちょうど藤澤ノリマサクンの歌声にカナカナゼミも一緒に歌い始めました。
私の頭の中では源頼朝さんもこれをみていて、
「ことしの震災があり、私が築いた鎌倉幕府、八幡宮も千年になり、人々がこのように奉納ライブ
なんぞやっていて感動的やな~」みたいな感が伝わってきました。

鎌倉時代の皆様も木の精霊も聞きいっている気配です。
そんな一体感もたまにあるこの地、鎌倉です。

もちろん八幡様はじめ、神様の方々も人間がこのような時代に
唄う心で感動を伝え、それを皆で共有する
場で聞いてくださっているのでしょうね。

日が沈んだあとはライトアップの美しさ
回りの木々もピンクになったり、赤、グリーンと

この幻想的で、皆が一体となった感覚が素晴らしい、清められたような私でした。

階段上の神殿もライトアップされて本当に素晴らしいときを過ごさせてもらいました。

来年もぜひ行きたいものです。
ongakusai3.jpg


募集はネット経由ですので↓を見て下さい。
鎌倉音楽祭 鶴舞2011




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示