◆送るのが大変だった作品~P通信163号

2011.06.23.Thu.21:05
パッチワーク通信さん 163号 
「知りたい収納」コーナーです。

事前に細かいアンケートにいろいろお返事した上で、
私はリメイク収納コーナーに作品を作らせて頂きました。

リメイクなので10年前のベビーキルトやクッションです。
おっきなダンボールの回りに4枚のキルトを使っています。
中布もピンクで張り巡らしてあるんです。
tusin163-5.jpg

見えなかった向こう側はこんなです。
昔の作品です。
tusin163-2.jpg

フタはクッションを解体しました。
裏ブタは皆さんも見覚えのある手芸普及協会本科のチューリップアップリケ使ってます。

皆、新作品でないところがアンティーク調というかリサイクル感がかもしだされて
何とも・・・

このビフォーキルトはこんなでした。
斜めに配置して、スカラップなんです。
tusin163-1.jpg

しきりもつけたり、フタもリバーシブルなど
でもいざというとどうやって送りましょうかと悩みました。

中にいろいろクッションやキルト綿やら動かないようにして
天地無用、コワレモノ、上に積まないでなどと佐川さんにたのみ、
無事撮影できましたね。

本当はアイデアも飾り棚、収納グッズ、ケース、ソーイングケースなどなど
たくさん送りましたが採用されたのは、黄色のキッチンボックス
バスケットでした。

編集するって大変ですね。

ちなみにアトリエ収納紹介は上田葉子先生のお宅、岡野栄子先生のお宅、
「作家宅におじゃまする」は松山敦子先生のアトリエ。

ミステリーキルトの紹介もあって濃いです。

そして、長年欲しかったパン焼器を買いました。
炊飯器を買いに行ったのですがついでにけっこう安かった!

やってみましたパン作り。会社も休んで(たまたまですが)
昼間からドキドキ、ワクワク

レーズンパンが外はカリカリ、中はふんわり、大成功でした。
嬉しいな、おいしいな、でした。
次は他に何か入れてみようかな。
pan1.jpg pan2.jpg


いつも見てくれてありがとうございます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示