◆鎌倉復興祈願のお祈りと春の花

2011.04.16.Sat.21:30
4月11日のことですが、
鎌倉時代、国難に際して社寺がまとまり、乗り越えるための御祈願が行われてました。

それが何とこの現代、震災があった今、再び歴史を超えての
「東日本大震災 追善供養 復興祈願祭」です。

鶴岡八幡宮宮司さん
鎌倉市仏教会会長 覚園寺さん
キリスト教会司祭さんの趣意書によりのお祈りです。

舞殿でお祈り、それぞれの方がお話され、献金や募金を募りながら由比ガ浜まで
歩き、浜でお祈りをささげられました。

神道、仏教、キリスト教の宗旨・宗派を超えての合同祈願という、すごいことです。
でもそれだけ結束しなければならない時ということなのね。

ちょうど1年前の3月10日、千年に一度の
大銀杏が倒れたといういきさつもあります。

残念ながら私は仕事のため、みることは出来ませんでした。
一般市民も多く参加されていたようです。

そんな思いの鎌倉の街です。
いろいろな神様に協力していただきこの困難を乗り越えたいものですね。

私は私のできること、パッチです。

今たくさん家を建てました。木も植えました。
道路も作りました。
希望の光、虹も出てきました。ひたすら針を進めます。

気持ちの余裕が出てきたので
バラを植えました。「琴音」コトネという名前で可愛らしいです。
flower2.jpg

ハーブを整理してスカビオサを加えました。
これまた可愛い。
flower1.jpg


放っておいた庭を見ると百合の新芽がたくさん出ています。
flower3.jpg


これはミカベルさんチューリップです。
ミカベルらしくない配色で心境の変化でしょうか。
何か良いことがあったようです。
sakura15.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示