◆エンブロイダリー

2010.10.04.Mon.17:13
この週末、叔母の病院のお見舞い、溜まった掃除や布の整理です。
入手したフィードサックも袋状になったままのもの、
きちんとお洗濯されて良い香りのするものさまざまです。

その中でがっつりミシンで二重に袋縫いされたフィードサック。
これがほどくのに意外と時間がかかります。
誰かが本来のフィードサックをほどいて新たに丈夫に二重に袋状にしたのですね。
em1.jpg

そんなとき活躍するのがミシンについている目打ち状の糸ほどきグッズ。
何て名前なのでしょう。これが大活躍です。
糸もカットでき、小さい縫い目も確実にすくえます。

こ1時間ほどかかりほどきました。固かった~。

その後はピースをつなぐ合間に時々入れるエンブロイダリー作りを進めています。
基本はアウトラインステッチ 刺繍です。
em5.jpg


所々に入れるパターンはアンティ-クな図柄が良く似合うので
1930年ごろのものをまとめた本などを参考にしています。

何年か前にヒューストンキルトフェスティバルで買いましたレッドワーク、ビンテージなどの図案集です。
もちろんアマゾンなどで今も販売しています。
em2.jpg em3.jpg


たぶんこの作者のブースで購入して、サインなどもしていただきました。
このようなビンテージの図案はやはりちょっと古めかしくへんてこな顔やしぐさに雰囲気があります。

刺繍はスペースを埋めるのになかなか便利な手法です。

手芸普及協会高等科のエンブロイダリーの課題はクッションカバー提出でした。
もう黄ばんでしまいましたが、鳥のパターンが好きで、
赤い糸もターキーレッドでこだわりました。
大作は作りませんでした。

em10.jpg  em11.jpg

今回も鳥さん。本から布に移すときうまく透ければ良いのですが、柄物などに移す場合、なかなか映りません。
一回太めのサインペンで紙に写します。
em4.jpg 

その後ガラス越しでも良いのですが、
こんな便利グッズを使っています。

簡易ライトテーブルです。
意外とお値段が高いのですが何年か前にお安いものを見つけました。
曇りガラスの中にライトが入っていて電気をつけるとはっきりと
透けますので作業が楽です。テーブルに置いて角度も斜めになっているので使いやすいです。

em9.jpg


浅草橋のシモジマさんだったかな。

これは型紙やレシピを作るときにも便利です。

エンブロイダリー、小さい作品しか無いのでした・・・。
em12.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示