◆ブレイジングスター&フェザースター

2010.09.03.Fri.07:53
9月に入りました。とっても暑いので実感湧きませんが、もう確実に8ヶ月は過ぎ去り、しばらくすると
早い1年だったね~となる訳です。

今からクリスマスはないよね~。ですが、12月に飾るということは11月に作ります。
とするとその前に案は練らなければなりません。

雑誌でもレッスン課題でも逆算すると今から始めなくてはならないわけです。
きちんと計画立てた先生は1年計画が出来上がっている先生もかなり居られます。

ちょうどイザベルの手芸普及協会の指導員講座の提出時サンプルはもう10年前
かなりイメージも変わり、Newバージョンを見本に作り直したりしています。

そんな折にマッチしたのが高等科ブレイジングスター&講師科フェザースター。
先日のエミーバトラーのグリーン大きいドット柄、モーダの渋いクリスマス風景布をぜひ使いたくて
今年のクリスマスそれぞれのテーマ別に2点作りました。

ブレイジングスターは高等科では3色、教科書ではひし形くくりになっていません。
ひし形5段で作って見ました。8ブロックつなげます。
star17.jpg

グリーンに合う色で持っていた真っ赤な無地を星の輝きにします。
5段階なので配色はむずかしいです。
途中透き通った感じが欲しくて地色のグリーンでちょっと涼しげにしました。

猛暑ならではの配色です。

光輝いて見えるように!

最初はここまで作り、その後は2~3日放っといて又考えます。

そしてこうなりました。
モーダの雪だるまボーダーを生かし、赤地に白い刺繍も良いかな。
star11.jpg star12.jpg

このひし形が7段、9段と広げるとだんだん大きくなります。

ちなみに10年前のブレイジングスターです。
ベツレヘムの星とも言います。
渋い!
star18.jpg


真ん中の段の白の光り輝き具合いが大きいかな?

このように大きくしても迫力あります。


さてフェザースターは渋いMODAのクリスマス風景柄。
このような風景柄に弱いイザベル。中心部分におきます。

はじめはすっきり生成りでどうか?
star14.jpg

でも何かもの足りないのでこのように柄をはめ込んでみました。
star15.jpg

しつこいかも、フェザーが良く見えません。
もっと小さな風景部分ならOKかも。
2~3日寝かします。又できあがりは後日に。

これサンプルですので後は生徒さんの好みでそれぞれで良いと思います。
私の場合はさらに12mmのグリーンと赤の細いボーダーをつけ、中心の黄緑三角と同じ色の
バイアスでとじようという計画です。白いスペースはクリスマスにちなんだ少し細かいキルティングが良いですね。
star13.jpg


フェザースターは製図がむずかしくて√(ルート)の計算で自分で製図を提出するのが講師科です。
でもこの製図を理解することでどんな大きさのものでも作ることができますし、いろいろな応用ができます。
だから講師科はとても意味のあることです。
star16.jpg

私も勉強し直して4分の1で製図しました。
よく見ると、フェザーの小さい三角は垂直方向は各2ヶ、
斜め方向は各4ケなのですね。
先のひし形は変形で意外とつなげるのにややこしいパターンでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示