◆ハロゥィーンとオクタゴン(八角形)

2010.07.30.Fri.15:25
久しぶりの更新です。
用事が多かったのでやっとブログをかいています。

今日は病院付き添い後、何ヶ月ぶりかパーマをかけに美容院に行って来ました。

先週、今週一番の話題は歯を抜いたことです。結局抜くことになり、2本抜いたのですが、
その産後の肥立ちが悪くもう1回再手術しました。
痛くてもうこりごり。

抜いてしまえばもう痛い場所がないのでひと安心。
歯が悪いと頭も痛くなります。

隣地の塀騒動もやっと一段落。
クリスマス物雪子に冬ちゃんスノーマン、木の枝サンタも完成しました。苦手なレシピ疲れました。
今年のレッスン見本はまだ出来ませんが、

hw7.jpg hw6.jpg
パッチワーク倶楽部さん79号にハロゥィーン作品を掲載していただきました。
コレは以前作ったものですが、今年用に新作を作りました。
お教室でもどちらか選んでレッスンしますよ~。


hw1.jpg hw2.jpg
変わった柄の地味なグレーとオレンジの幾何学模様のフィードサック
右はクレージー柄

これがハロゥィーンにぴったりです。
お化け屋敷はハロゥィーンにとっては必須アイテム。
hw4.jpg

くもの巣が張ったハウスはこの日はお化けちゃんたちのお祭り!
下がったクモは刺繍では可愛いです。(家では本物の大きな主のようなクモが良く出てきますがこれはイヤ、
先日は動かないと思ったら脱皮(?)していました。)

おとぼけふくろうに黒猫、お化けかぼちゃで今夜はにぎやかだなってタペストリーができました。

キットもできましたのでお買い物コーナーでどうぞ。(限定4で、アップはしばらくお待ち下さい)
裏布もガイコツ君、狼男、フランケンたちの布です。

パッチワーク倶楽部の後ろの方、オリジナルパターンコーナーにも
オクタゴンの変形を載せていただきました。
hw3.jpg hw8.jpg

これは良く見ると八角形(オクタゴン)に斜めの区切り線をいれると
カゴになります。
オクタゴンの中に何かパターンを入れたい場合、わりと何でも可能になります。

中心の茶系布はビンテージです。へんてこな柄(サイケな50年代)ですが水色と茶色がよく合います。
このページの左下のカマキリさんもイザベルと同じ苗字の京都の方ですね。
シンプルで素敵です。

最近のパッチワーク倶楽部さんは楽しいですね。
読者が送れば掲載されて身近に感じられてよいですね。

イザベルはいつもは茶色はほとんど使いません。
というのは、茶色は色々な色の合わさった色で何でも合います。
どうしても、シックな、落ち着いた、大人っぽい展開になります。
でも面白くない。茶色は色が混ざっているせいか、何か透明感がなくなってしまい、重く感じてしまいます。
でもこのようなクリアな茶色なら使えるのかな?

ちょうど湘南深沢教室のスペースをお借りしているコーヒー屋さん「エトセトラ」のママのお誕生日でした。
ママは中学時代の同級生。当時はあまり接点がなかったのですが、大人になってからの親友です。

今年はオクタゴン茶色のミニタペストリーを贈らせてもらいました。
ママはシックなものがお好みで、そしてお店の雰囲気もアンティークなレトロな雰囲気。
似合うように配色しました。
hw9.jpg hw5.jpg


本当に私にしては珍しい、初めての茶色配色かも、

そして、まずは中心の布ありきで、アメリカの雑貨店のような、農場スタイルのようなフィードサック!
もう素敵です。夢のようです。私の理想環境。
hw10.jpg


ちょうどエトセトラと兄弟3人のショップがこのように並んで建っています。
詳しい紹介は後日しますね。

まさに彼女のための1枚です。それにイザベルのエッセンスを入れ、JULY,2010.と刺繍します。
この刺繍が後で見ると効くのです。あの時あんなだったよね~と今までのタペでも思い出話がつきません。
タペの片隅に仕上がったときに日付を入れるのオススメです。アウトラインステッチで。
もちろん卒業サンプラーにも入れましたよ。

この茶色も1890年代の終わりごろのビンテージ布茶色も入っています。
そうなると合うのです。
でも難しいね茶色は。

ブルーの四角をアクセントで生かします。

ただオクタゴン、ヘキサゴンは皆縫い止まりの連続で縫いきり箇所がないので気が抜けません。
はめ込み、はめ込みで大層疲れるパターンです。

でもオクタゴンは奥が深くて、大好きなパターンです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示