◆鎌倉八幡宮の大銀杏その後

2010.03.13.Sat.20:28
鎌倉八幡さん大銀杏倒れるの続報です。
見てまいりました。

警備員さんがおりました。
ityou6.jpg


とても可哀相な状況です。
あんな大木でりっぱに立っていたのに、根が痛んでいたそうです。
ityou7.jpg


秋には黄色の葉っぱがふさふさになっていました。
深夜に一人で誰も巻き添えせずに倒れました。

クレーン車でまずは枝を落としています。
おじさんが登って格闘しています。
ityou4.jpg


狛犬も心配そうに見つめています。
ityou2.jpg


皆がみんな写メしています。
ityou5.jpg


これはつい2ヶ月前のお正月の銀杏です。
ityou1.jpg


そして鳩おみくじを引きました。
中吉のその内容は
ityou3.jpg


「杉ばかり立てる山辺を吹く風の
目にこそ見えぬ神はますらむ」

「世状のどんな風波にも神があるという風に考えてください。
そのとき本当の自己の力というものが湧いてきます。

正しく己れの力を知覚したとき、個人が完成し、
世が幸福になります。」

という説明でした。
神様何やら意味深ではないの?

神様が大風で倒れられて身を持って教えてくださったのでしょうか。

起こるいろいろなことはどんなことにもそこに学びがあるのですね。

そして今日は鎌倉教室パッチワークレッスン日。
みんな元気に来てくれました。

元気が何よりです。
いちょうや秋の葉っぱに囲まれたスーチャンです。
ityou8.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示