◆ミシンキルト教室&生徒さん作品

2012.04.29.Sun.09:10
先週念願のミシンキルト教室にいってまいりました。

午前午後とみっちり 手芸普及協会の本科テキストに沿ってです。
パターン6点 実技2点となかなか濃い内容です。

ハンドで本科から教えているのと反対に
教わるって立場が逆で新鮮でした。

教わるって楽しいことです。
教えるってなかなか大変です。そんなミシンキルトの先生の様子も観察しながら、
フムフムと良いところは取り入れて。

この違いを楽しみながら宿題をしています。

製図とパターン作品 課題作品とヴォーグに通っていたことも思い出して

お知り合いの方、近所の方、けっこうキルトの世界も狭いので
新たなつながりもできて嬉しいです。

ちらっとこんなプレスドキルトです。
最後の巾が狭すぎた
なかなか難しいです。
20124287.jpg

家にある壮大な現代布の在庫を使おうと思っていますが
布にも旬があるようで、見慣れてしまっている布の組み合わせって難しいです。

何かフィードサックやビンテージの配色は難しいのですが
こればっかりハンドでやっていたので 現代布の配色もなかなか難しいということが
わかりました。

やはり気にいったものを作るには新布を買い足さなければダメかな

自分の中で新鮮さを感じられるようにいきたいものです。


話は変わって土曜日のレッスン こちらは教える立場です。

午後に人数が集中していたので、お二人を午前中に移っていただきました。
生徒さんにとっても自分にとってもこれは良かったです。

やはり余裕のある気持ちでレッスンを進めるっていうことは大事です。
それがコミュニケーションにつながり、信頼関係につながりますから、

その信頼の結果 作ってきてくれましたEちゃん

手芸普及協会のやっかいなカテドラル、モラ、ステンドグラスなどが
新鮮にうつるフリーコース、カテドラルに挑戦しました。

カテドラルウインドウを可愛く巾着袋に変身させてくれました。
そんなアレンジ力のある生徒さん、嬉しいです。

20124281.jpg

ついでにもう一ヶ きんちゃく 同じくEちゃん
20124282.jpg


下に引いたパイナップルレース編みもなつかしいです。
これは会場をお借りしているエトセトラさんのもの

もう一丁 Mチャンのメガネケース
展覧会のときにサーティーズさんの布から選んだところから始まって
配色も考え ついに完成しました。ステキです。

上部はパックン式で持ち手をつけ、早速この日は持ち歩いて「どう?」
「うんステキ、ステキ」とティータイムのときも持ち歩いていました。
20124286.jpg

とうわけで午後は5人 濃~いレッスンとなり
大層お疲れの様子のエッちゃん、ミッちゃんです。

私がべったり張り付いてバッグを製作中です。
次の次くらいには完成かな?

最後に針が行方不明になりましたが、執念で見つけました。
エッちゃん お疲れ様でした。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

◆マカロン再びと女子会

2012.04.26.Thu.21:30
何回となくマカロンを作っていましたが、まとめて作らないとなかなか出来ないものです。
特に小さいものが苦手な私はエイッと作らないとなかなか始まりません。

が、マカロンって必ず一人ヒトツは欲しいものなのですね。
makaron1.jpg

そんないきさつを

ちょうど親戚が鎌倉見物に用事を兼ねてやってまいりました。
いつも生徒さんとランチをしてる「山下飯店」の上の ホテル鎌倉moriに宿泊して、
前日は八幡宮やアチコチと歩き回ったようです。

あいにく私は鎌倉の案内をできず、翌日に従姉妹を交えて女子計4名で葉山の日影茶屋に
ランチを食べに行きました。
日影茶屋1


春のお弁当です。
前菜からデザートまで春がいっぱい。

竹の子ごはんや たらの芽の天ぷら 春のお魚 あさりのおつゆなど
旬のものは美味しいです。
hikage14.jpg

hikage15.jpg

hikage16.jpg


その後は従姉妹の家に行き、そこで女子2名は見つけてしまいました。
亡くなった叔母の仏壇に供えられているマカロン

亡くなった後でも女子である叔母が欲しかろうと思い、私がマカロンを作って
それを娘の従姉妹が自分の分と一緒に供えてあったのを目ざとく発見。

「これなぁ~に?」って キルト界では去年から大流行のマカロンですよ。
ちょっと地方の一般の方はまだ知らないようです。
でもこの女子フラやハワイアンキルトもたしなんでいるはず・・・

そうなれば作らないわけには行きません。

jyosikai3.jpg


そして、何やらフィードサックの説明をするととっても興味を示し
これはたぶんマカロンも自分でつくりたい様子。説明が大変。

パッチワークの話に花が咲き、又スィーツをいただき、
jyosikai2.jpg

おみやげにROYCE'シャンペン&チョコ頂き 嬉しい女子会でした。
jyosikai1.jpg


というわけでなかなか作らない私のマカロン4個のみお買い物コーナーにて販売しております。
よろしかったらどうぞ見て下さい。

さすがにしばらく作りたくありませんが可愛く出来て大満足です。

その反動か昨日はミシンキルトが新鮮に感じられたです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

◆世界遺産特別拝観めぐり2 建長寺編

2012.04.22.Sun.10:01
世界遺産特別拝観めぐり4月10日です。

ちょっと日にちが経ってしまいましたが桜満開の最高の小春日和でした。

鎌倉五山の第一位 臨済宗 建長寺です。

北条時頼創建 開山は蘭渓道隆
禅宗の専門道場として創建されたので雰囲気は厳格な武家の質実剛健寺っていう感じです。

バス通りから総門より入ります。
建長寺1

広い駐車場になっています。
右の建物はサザンの桑田さんも通った建長寺さん経営の鎌倉学園です。
私もかつて高校時代に文化祭にいったもんだぁ~。
建長寺 005


銅版葺き屋根、唐破風造りで五間に二間の壮大な山門前で待ち合わせ
山門(三門)は貪欲(むさぼり)、怒り、愚痴の三毒を捨てて清澄な心持で仏殿に向かうということだそうです。

そのような気持ちを持ちましょう。

建長寺 016

本当に桜がきれい

建長寺 010


建長寺 008


今日は鎌倉まつりの一環で特別この山門の二階内に入ることが出来ます。
これが目当てで皆さん参加されています。
重量の関係で2グループに分かれて急な巾の狭い木造の階段を昇ります。
建長寺 020

すごいすごい景色です。建長寺の山門に入るなんてたぶん二度とないと思います。
素晴らしい体験をさせていただきました。

ましてや桜満開のこの眺めです。さっき通ってきた「巨福門」こふくもんも見えます。
建長寺 027

左に回り
ken2.jpg


ぐるっと
ken3.jpg



後方のびゃくしんの大木もあります。
ken4.jpg


見上げる木の建築の壮大なこと
ken5.jpg


建長寺興国禅寺と書いた額の大きいこと!
がっちりしたボルトで留められていました。
目で確認しました。

建長寺 031

下からのぞくとこんな角度です。
建長寺 057

部屋の中は宝冠釈迦如来、木造十六羅漢像、銅像五百羅漢像がおられます。
壮観です。撮影禁止です。
皆でお祈りを、


その後は本殿仏殿の地蔵菩薩様
すかし模様の木工技術は明り取りと空気の流れを兼ねている美しさ
まるでパッチのパターンのよう

建長寺 087


方丈(龍王殿)まあ、きらびやかで金色も3パターンの色があるそうです。
庭園など見学
建長寺 098


山門を降りまして回春院へ、途中半増坊方面へ
こちらからは天園ハイキングコース入り口になり、瑞泉寺方面へ抜けられます。

建長寺 103


巨福門の瓦、北条氏のミツウロコ紋入り
建長寺 121


梵鐘
建長寺 062


その後はバス通りを渡って禅居院へ、こちらも檀家さん以外は拝観できません。
本日はこちらにてみんなで法話を伺い、般若心経を唱えるなど
フルコースの特別拝観となりました。
建長寺 127



建長寺 129



帰りはこのトンネルを通って歩いて帰宅。
たくさん見所があり、感慨深い濃~い一日となりました。

修行僧の姿が見られませんでしたが、朝早くから遅くまで立ち入り禁止ゾーンで修行しているそうです。

こちらの建長寺キルトは今構想中です。
修行僧と梵鐘と山門がテーマになりそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村






◆世界遺産特別拝観めぐり1 寿福寺~浄光明寺

2012.04.19.Thu.10:50
4月9日 鎌倉まつりのイベントの一環として世界遺産登録推進協議会主催の寺社めぐりに抽選で
参加することができました。

第一日目は寿福寺~浄光明寺 全5日ありますが私は9日10日の参加です。

講師は上記協会の広報部会長 鎌倉の世界遺産と秘宝を訪ねる会代表の内海恒雄さんです。

先生は長年教師、校長先生、鎌倉の歴史に精通しておられ鎌倉の出版物などの編集、講座開催
特に鎌倉を世界遺産にするという活動にご尽力をつくしておられます。

この日もステッキをたずさえ深い解説を皆に教えていらっしゃいましたが
裏山の急な山道をスイスイと先導されとってもお元気な先生です。


寿福寺(総門~通常非公開の仏殿)
~浄光明寺(本堂~阿弥陀三尊像~網引き地蔵尊~冷泉為相墓~通常非公開覚賢和尚墓)のコースです。

まず寿福寺 北条政子が源頼朝を供養するために建てた鎌倉五山第三位
総門で待ち合わせです。

jyu1.jpg


山門
jyu7.jpg


山門から仏殿へと続く石畳みの参道です。

jyu2.jpg

仏殿前の柏槇(ビャクシン)の木、市指定天然記念物
大きいお寺や神社にあり、これが寺を開いた当時のもので建長寺、鶴岡八幡宮などにもあります。
750年以上たっていてこれこそが大事な樹木ということでした。

初めて聞いたビャクシンの話、鎌倉の歴史は古いのですね。
ただ単に観光で寺めぐりでは聞き得ないお話の数々ですっかり先生のファンになってしまいます。

又門の建築方法、はりの組み方、美しさ、亀がかくれていたりと話のねたはつきません。


jyu6.jpg 

jyu4.jpg

jyu8.jpg


中の仏殿内は撮影禁止でしたがこちらの宝冠加護釈迦如来、あうんの金剛力士像は圧倒されます。

jyu5.jpg

とその先は英勝寺前を通り、浄光明寺へ移ります。

jyou1.jpg

ゆったりとした時間が過ぎるほどこの日は観光客が少なく穏やか。

jyou2.jpg


世界遺産の寺社を選定するひとつの基準に後ろに山を抱えているという定義があるそうです。
要害的地形を示す丘陵部とその山すそ、谷間などに造られているからです。
それらは21ヶ所を数えそのままの地形が守られて今に至っているということが貴重でそれが
世界遺産登録へという主旨だそうです。

24年に捜査機関イコモスが現地調査に訪れ、25年に世界遺産委員会で審議、登録の決定になる流れです。
まだ今はその途中、登録が決定になったら、又さらに観光客の大混雑でしょう。

jyo4.jpg

jyou5.jpg


jyou6.jpg

jyou3.jpg
こちらは楊貴妃観音様↑

本堂、阿弥陀三尊像を拝見して、裏の山道に入ります。

ウグイスの鳴くちょうど桜満開の下を見下ろせるハイキングコースのようなのぼり道を進みます。
jyou11.jpg


やはり山腹にこのようなやぐらがあります。
ふだんは静かな山の中に今日はお騒がせします。

jyou9.jpg

jyou12.jpg

こちらのやぐらにまつられています網引き地蔵様は由比ヶ浜の漁師の網にかかって引き揚げられたという
伝説があります。

とても気に行ったお地蔵様です。
本当に鎌倉にはいろいろな仏様、お地蔵様が居られるのだと実感します。

amihikijizou.jpg

さらに奥深く山道を進み冷泉為相墓

jyou10.jpg


そして最後には少し下った場所 非公開の覚賢和尚の墓
国指定重要文化財に指定 ずっとひっそりとこの場所に

jyou8.jpg

そして最後に私の鎌倉思い出キルトはやはり網引き地蔵様です。
らっぱ水仙 覚賢和尚の墓も美しく心に残りました。
jyou13.jpg

明日は連続で建長寺めぐりになります。
桜満開の良い天気になります。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


◆ペットボトルカバー&親子ガモ

2012.04.16.Mon.17:50
先週の土曜日、雨が降り花冷えのする日になってしまいました。
生徒さん、雨の中をお疲れ様でした。

そんなレッスンで作ったペットボトルケースです。
これからの季節に活躍できるように中には保冷シートキルトタイプを使っています。

pet2.jpg  pet1.jpg

使い心地は果たして?ですが、保冷 保温ともによいはずです。
綿麻スラブ地がぴったりかなって下の部分だけキルトしています。

このような小物作りってすぐできるし結構楽しいです。
生徒さんにも好評でよかった。自分でもお気に入りになりました。

じつはこれは増田順子先生著の「よくわかるミシンパッチワークの基礎」内の
ペットボトルケースを参考にしています。
pet3.jpg

三角のピースワークを減らして(三角部分が合いにくいからね)
持ち手は出来合いの取ってにして少しアレンジしています。

みんな色違い 柄違いの綿麻スラブ地で製作中です。


ついでにミシンの本ですが1998年発行と少し古いのですが
「三角の小さなピースでもらくらく ミシンだからできるパッチワーク」三池 道先生著です。
pet4.jpg

アマゾンで買ってみました。 三角ってつなぎ合わすバイアス部分が
伸びてしまいそれが小さいくてミシンだとてこずるだろうと それを良い方法がありますよ
というテーマ。

最初からバイアスで断っておくから次は伸びないのよという発想です。
なるほどです。
これから習うミシンキルトの予備知識として読んでみました。実際はどうでしょうか?


これが全てに当てはまらないとは思いますがフェザースター、オーシャンウェーブなど
三角つなぎばかりのピース作業にはマッチしていると思います。


いつか本格的に作りたいものです。


そして、ミカベルの親子ガモさん。
kamo1.jpg
親のDNAのストライプが子供にちゃんと遺伝しています。
まだ若いので顔の水玉も子供の羽毛なんだって。

私の親子ガモは昔のアメリカンで子供はフィードサック
DNAが突然変異か育ての親かも(カモ)
またはオバアチャンと孫カモ
kamo2.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村



◆肩掛けバッグ

2012.04.12.Thu.20:20
先月のクラス、あさってのクラスの肩掛けバッグです。

展覧会後に生徒さんよりリクエストがありました。
大物キルトより、持ち物、小物も作りたいわ~と

そうですよね、大物キルトばかりお尻をたたいていてはかわいそうですね。

ここしばらくはメガネケース、きんちゃく、ペチャンコバッグ
ペットポットホルダー、帽子などやりましょう。

だからあさっては肩掛けバッグ、ショルダーバッグですよ。


でも持ち物ってむずかしい、派手ではもてないし、あんまりピースワークでパッチパッチしたくないし、


シンプルに簡単アップリケです。
katabag1.jpg

後ろ側はフィードサックの柄をくりぬきアップリケ、本体はMODAのストライプ
katabag2.jpg

そしてリバーシブル、ポケットが外になってもよいようにレースをつけて、
katabag3.jpg

持ち手は麻テープにレースをたたいて、ボタンはとっておきのビンテージベークライト。

ここで考えるのはキルト綿です。
かちっと仕上げなら接着キルト綿、
これはあんまりかちっとしたくないと思い、普通のキルト綿を使いました。

手提げはかちっと仕上げたいけどショルダーはふんわりかな。

それぞれお好みだと思いますが、これでミシンキルトだとさらに選択が広がり
その辺の感覚がミシンキルト教室で興味があるところです。

今回はふんわりとあまり重いものをいれたくないので厚口キルト綿。

そして、サイズを小さくして、PINKSさんの布でお子様用も作り方見本として
katabag4.jpg


郵便局の花壇の中のパンジーさん、あまりにも可憐。

panjie1.jpg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




◆なぎさ橋珈琲&ペチャンコバッグ

2012.04.10.Tue.09:20
これはまだ寒かった先週の話です。

ちょうどお墓参りを兼ねて鎌倉霊園に行きましたが、あいにくの寒い雨がザンザンと
遠くに桜の花のじゅうたんのように見えます。
hanami1.jpg

ついでに逗子のハイランドの名所、桜の道を通り
hanami2.jpg

披露山公園にも寄ってみました。
まだここも1本のみでまだ、満開ではありません。
hanami4.jpg


可愛い小動物がいます。くじゃく、モルモット、ウサギ、うこっけい、お猿さん。
小さな遊具もあり、ここはよく子供を遊ばせたところです。無料駐車場があります。
hanami3.jpg

神奈川景勝50選です。
hanami5.jpg



晴れていればこんな感じです。これは以前の5月の新緑の季節の画像です。
葉山マリーナ、森戸神社方面。
hiroyama1.jpg

江ノ島方面
hiroyama2.jpg


そして、逗子デニーズの後にできたなぎさ橋珈琲によってみました。
中は前のデニーズと同じ配置で、海も見えます。
hanami6.jpg


アイスクリームワッフルが温かくて、ヒヤッとして良いお味です。
香ばしいカラメルソーズをかけてね。
hanami7.jpg

というわけで先週から今週は毎日おでかけの日々で、製作物はこれだけでした。
本科応用のペチャンコバッグを麻とフィードサックでつくってみました。
petankobag3.jpg

petankobag2.jpg


後ろ側
petankobag1.jpg

持ち手と中布の説明があるのでまだ組み立てていません。
組ませただけなので曲がっているのが気になります。
直します。

持ち手も出来合いの水色か茶系かどちらがよいか迷い中です。


そして、少しですがヤフーオークションにフィードサックを出品しています。
オークション



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村


◆本覚寺枝垂桜とにぎり福~愛

2012.04.03.Tue.14:25

今日は台風並みの暴風雨がやってくるとあって、午前中に用事を済ませ待機です。

昨日鎌倉のブログで枝垂桜が咲いている情報を仕入れ、見てきました。

鎌倉駅から最も近いお寺 本覚寺(日蓮宗)

商売繁盛、五穀豊穣の神様である、えびす様がいらっしゃいます。
鎌倉七福神めぐりのひとつです。


咲いていました、しだれ桜さん
hongakuji1.jpg



hongakuji3.jpg



この燈ろうとのツーショットが有名ですね。
hongakuji2.jpg


こちらのレンギョウもきれいでこんもりと春です。
hongakuji4.jpg

こちらはにぎり福です。
愛、健、財、学、福の字を書いて顔になっているものを握ります。

確か、オレンジ、グリーン、青、赤、黄色などです。

私が持ってたのは愛です。
やっぱり~。最近愛がたくさんあると思ったです。
hongakuji5.jpg

ちょうどホッペがフィードサックの模様にはまりました。
嬉しいな。
hongakuji7.jpg


さくらのアップリケ、灯ろうが苦労した鎌倉キルト。
hongakuji6.jpg

土日は鎌倉まつりです。
今日の暴風雨が心配で、桜が散らないと良いね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村



◆お片づけと赤ずきんちゃん布

2012.04.01.Sun.17:23
先週が年度末、今日から4月
なので一週間かかってひたすらお仕事部屋の片付けをはじめていました。

途中休憩もせず、一心不乱にひたすらと。

普段から出したら片付ける習慣がどうしてもおざなりになってしまってすぐに
ゴチャゴチャとなってしまいます。

でもあんまりキチッとすると片付けすぎてしまって今度は見つけられない、
困ったもんだ。↓これではしまいすぎかもしれない。取り出したら戻せないし。

heya7.jpg

あと何日かしたら、床に一杯になります。狭いからしょうがないけど。
ここだけじゃなくて、クローゼット内、ミシン回り、机回り、キャビネット回りと
この際全箇所。

気がつくと次々とやり始めて、教室の見本もレシピもファイル、項目別に
細かい。(わからない型紙がでてきたり)
布も現代布、フィ-ドサック、ビンテージ、厚めの綿麻、和布、パーツ、
ファスナー限りなく、できる範囲で分類)

途中必ずビーズがひっくり返りバラッとなります。

heya8.jpg
↑いつもここで作業してるの。右側はまだごちゃごちゃなので未公開。


仕事部屋が一段落すると、聞いている音楽の取り込んだボイストレック(ジャニーズ系やら何やら)
キルト本(捨てる→オークション作業)まで手が伸びました。

そうなると気になる重くなったパソコン内も然り、デジカメ画像の削除やら
ついにブログのカテゴリー整理まで手をつけた
カテゴリー別が甘い選別でしたのでこれからもう少し細かいカテゴリーにしなきゃです。
これもあとでやると苦労するということがわかりました。

ところで根を詰めすぎ症状が出てきました。
やりすぎで気持ち悪くなり目の下にクマができました。
だから一度にやらないことです。


でもきちっとした環境から良い仕事は生まれるので、
気持ち悪かったのですが気持ちよくなりました。

すみません、こんな文章にお付き合いくださいまして、



そして、あちこちのブログでもお見受けする赤ずきんちゃん布で
作りました、キットを。
akazukin4.jpg

くりぬき型紙でこのように図柄をチャコペンで描いてください。
(実際はこれより大きいワクで、角度も違う)
akazukin5.jpg

このような柄に弱いのでつい、オクタゴンで切り抜いて赤&緑&白&ピンクでつなげてしまいました。
akazukin1.jpg


パッチワークをやっているってどうしても切りきざんでしまう欲求がありますね、
一般の方ならわざわざ切り抜かんでもよいのにね~とおもうでししょうが、

本当にスグカットしたくなってしまい、仕事をふやしてしまう、悲しいサガです。

なので5セットだけ作りました。
お買い物コーナーでどうぞ。

そして、凝りもせず「フィードサックで作る12cmパターンx30枚サンプラーシリーズ」
第二弾を増殖しています。
第1回目はおかげさまで完売しましたので、そろそろよいかなと。


これもわざわざ切って、配色して、パッチして、部屋もゴチャゴチャにしてです。

なんだか私分からなくなりました。
本当にパッチワークにとり憑かれてしまっているのです。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


お買い物コーナー サーティーズスタイル


 | HOME |