◆久びさのやる気モード

2010.06.29.Tue.20:26
更新を怠っていたのは、久しぶりの製作モードに突入していたからです。
先週土曜日のレッスンが終わり、次の鎌倉教室まで少し間があります。

自分の製作モノに手をつけることができます。

いったん乗るとずーっとやっていたいのですが、そうは行かないのが悲しいトコロです。
せっかくの乗り乗りを中断するのは苦しいです。

そのようなわけでここ2~3日の画像はおみやげのかもめのたまご
これ美味しかったです。岩手のおみやげ。
yasai2.jpg

鎌倉野菜連売所の泥付き人参、丸いズッキーニ、トマト。
yasai1.jpg

大豆を圧力鍋で煮ました。早い早い、お豆に凝りました。
金時豆、白いんげん豆、紫花豆、
次は何豆にしようかな。
yasai5.jpg yasai4.jpg

というわけで久しぶりの製図、ミラーで試行錯誤、色鉛筆でのマス目に計画、講師科の見本つくりと
真っ最中のイザベルでした。
yasai6.jpg


ひらめきが消えないうちにパッチ星に戻ります。
ではバイバイ。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

◆12cmパターンティーポットとレモンバーム

2010.06.21.Mon.17:33
12cmパターンの更新です。
お買物コーナーにキットをアップしましたのでご覧下さい。

オールフィードサックで楽しんでいます。

ティーシリーズです。

ティーポット
tea3.jpg

マグカップ(ファヤーキングマグの形と同じです)
tea2.jpg

ティーカップ・・・アップリケ中心です。
tea1.jpg

以前「Tea Time」というオールフィードサックの中サイズタペストリーキットを販売しましたが、
これはおかげさまで完売しました。
tea11.jpg

これと同じようなもティーシリーズ第二弾も考え中。

お茶会のタペなどを作っても楽しいですね。

ハンドルを右にしたり、左に変えたり
壁紙やマットを変えるとものすごく変化のあるものになると思います。

それをさらにずらしてセッティングを工夫したり間に他の12cmパターンをいれてもよいですね。



そういえば、庭にはセージとレモンバームがフサフサ、青々と良い香りを放っています。
ハーブは雑草のように強くてあまりお手入れをせずに育ってくれて、土が合っているようです。
tea4.jpg
ハーブガーデンで埋め尽くしたいなんて、夢です。
ラムズイヤーのモスグリーンの色の素敵なこと!

名前のとおり子羊の耳のように羽毛のような肌触りです。
可愛いですね。
tea5.jpg


tea7.jpg tea8.jpg
レモンバームはポットにちぎって入れお湯を注ぐとスーッとした香りのハーブティーが出来ます。
ミントのようなレモンのような香りはリラックス効果や発汗作用もあるので風邪の引き始めにも良いそうです。

最近はちょくちょく飲んでいます。

そういえば12cmパターンにハーブの刺繍など入れても合うかもね。

tea6.jpg tea10.jpg

ちなみにこのマグカップはレインボーのファイヤーキングです。ジェーンレイのようではありませんが
このジャンキーさが気に入っています。レインボーの光がちょっと見えにくいですが、きれいです。
カップにレインボーなんて意外と幸せ!

ポットは10年前のメアリーエンゲルブライトデザインのポット、キッチンの棚の奥から出てきました。
又、ピンクの丸いトレーは Boonton Wear USA とあります。
固いプラスティックのような素材・・・何でしょうか。
これもサーティーズ時代から50年代当たりの特徴のキッチンツールです。

とても形も良くて本当にこのアメリカの時代は素晴らしいものに溢れています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



◆介護とチェリーの季節

2010.06.16.Wed.16:48
久しぶりの更新になりました。

先週から叔母の入院の付き添いなどが入り、ここのところ3回ほど病院に行ったり来たりです。

5年前にこんなことも有ろうかとヘルパー2級の資格を取る機会がありました。
1週間に1回夜3時間ほど講習を受け、何ヶ月か通い、在宅、グループホームなどの実習にも行きました。

結構ハードでしたよ。寝ながら着替える方法とか、いろいろな所作など難しくて、
又いろいろな方がいて、一日中お歌が大好きでずっと付き合って歌ったりしたこともありました。

そのおかげでお年寄りの接し方などずいぶん理解でき、今日のようなときに本当に自信を持って
付き添ってあげることが出来ました。

意外なときに役に立ち邪魔にならないものですね。たぶん介護の日々を送っている方もいらっしゃるでしょうが
そんな時合間にちょこっと針をもてるパッチは良い気分転換になりますね。

イザベルも叔母にも喜んでもらい嬉しいです、だんだん年を重ねることは自分も含め現実なので
毎日を気持ちよく送ることが一番です。

これはパッチという趣味があるからこそで、苦になりません。


先週の土曜日はきらら鎌倉レッスンでした。

いつも海外旅行の大好きなお二人からはクロアチアのおみやげチョコです。
ten6.jpg

チェリー酒入りの可愛いパッケージのチョコです。ラベルの黒の唐草模様が気になり、
出してきました、ピンクの唐草模様のフィードサック。
こんなときもクセで配色してしまうイザベルです。
でも本当に合っていますよね~。

今日はチェリーが登場、今はサクランボの季節。
フィードサックのチェリー柄はもうそれだけですごい存在。

ジャンプにもでてくるチェリー。「真夜中のシャドーボーイ」
この詩の中でも気に入っているフレーズがあります。
「傷つけずに愛したい」だって、さくらんぼちゃんだからね。

ten13.jpg




皆それぞれ展覧会用作品を作り始めています。

ten5.jpg

ウサベルのドレスデンプレートの一部、乗り乗りでたくさん作っています。
もう可愛くてたまりません。
これをいかに展開していくか?神が降りてきました。
内緒だけどサクランボを何かスル!

そして新人のヨッピーちゃんはカゴをたくさん作ってきてくれました。
そして、斜めに配置、その間をどうするかです。
ここでも神は降臨なんチャッテ。
内緒だけど何かスル!
ten7.jpg


さえてるがミカベルには今日は降りてこなかった。
ミカベルは自分でもう神を降臨させるので、私は後で確認するというワケです。

スズベルはリンゴの木、下でウサギがなにやらと、こんなところがイカシテル~。
ten8.jpg


チョットヒントを出すともう「そうねそうね」と成るのです。

余力のある人は横浜キルトウイークのミニキルト大会50cmに出そうと提案しています。
イザベルも大きいサイズの方に出そうと計画していましたが、叔母の入院やら娘の盲腸騒ぎで
結局時間がなくなってしまいました。

50cmミニキルトなら何とかいけそうです。考えよう。

家に帰り何もない白紙の状態でしたが、なぜか又神登場。
不思議です。1時間前は何にも思いつかないのに何故これなのかというテーマが
出てきました。神様、冴えております。今日は頻繁のお出まし。

でも日ごろ直感を大切にしていますので鼻の通りが良いように(変なたとえですが)
来るときはドバーッと流れてくるのが楽しいです。

今作り始めています。これも負けずに可愛いです。(自慢っぽくてスンマセン)
でもフィードサックとパターンが可愛いのですから。

手芸普及協会の会員のコンクールには落選しましたが、入選作を見ますと
手芸普及協会好みの作品でした。審査員の好みもあるようです。
私のテーマもいつもイマイチなのでしようがありません。

でもイザベルの作品の写真も審査員の背景にチラっと映っていたので、びっくりでした。
コレだけでもまあ満足ということで、この作品は展覧会で飾ることにします。

ten11.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

◆鎌倉タマヤさんのポーチ

2010.06.08.Tue.10:45
昨日はやっとキットのレシピを仕上げました。
お買い物コーナーにキットですが牛モーモーちゃんと風車のポーチ、サクランボのポーチUPしています。

ただプリンターの調子が悪く、きれい印刷できずにがっかり。


デジカメ画像をプリント屋さんに転送して画像プリントにしてもらうことにしました。

これは鎌倉丸七商店街の出口のプリント屋さんです。
便利ですね。家のパソコンから送って受け取ることができます。

そして、先日丸七商店街のタマヤグレフレストさんがかんばんをリニューアルしたそうです。
カルピスのような水玉よってオーナーさんが言っていました。

レトロ商店街にぴったりですね。(場所はリンク先をご覧下さい)
鎌倉観光の節はぜひお立ち寄り下さい。

tamaya2.jpg


イザベルのコーナーも看板に入れてくださいました。
tamaya1.jpg tamaya3.jpg

今回入れ替えしてパターンキットなども置いていますが、最近は
完成品の方が売れるのですね。人気がないです。キットは。

自分で作らない方が増えているのと、パッチワークが皆できるからですね。
あとはイザベルの配色がダメなのなのか!

先月はおかげさまでお客様が私のポーチやミニタペなどお買い上げ下さいました。
ありがとうございます。嬉しいです。

もう少し身を入れて本日はポーチ5点ほど作成しております。

分かりやすいレシピ、なるべく丁寧に「買いたいな~」と思っていただけるように
心を込めて作っております。

いつもさらに良い物を、良い物をと自然と進化しているのは不思議です。

同じ時間もないように、同じモノは二度となく、今ある布で、今瞬間の配色です。

なかなか同じものが出来ません。ということは量産は出来ないのです。

ひとつできると次のものは少し変わってしまいます。
でもそれでよいのだと思います。

人間もたえず変化しているのです。
その中には今より良い方向に成長しなくてはという思いがあります。

イザベルもいろいろな失敗や遠回り、わざわざ苦労する道ばかり選んできました。
それも年を重ねた今はそんなことも良い意味でまぜこぜになり、クリアな愛ある何かがポン
と出るようになったかなと思います。

何チャッテ、言いたいことは同じものはなかなか作れないということです。
それがだんだんよくなるかは?ですが。たぶん何がしかの進化はしていると思います。

そんなこともあり、タマヤグレフレストさんではイザベルにはどなたが買ってくださったかは分かりません。
知っている方かも知れません。あるいは通りがかった方かもしれません。

あのミシンのミニタペなどはどなたが買ってくださったのかな~などと思っています。
自分でも気に入っていたのですがこれも同じものはもう作れないのですね~。

でも自分の作ったものを見てくださる、使ってくださることは身の引き締まる思いです。
それだけに嫁に行った先で可愛がっていただけるようなモノを作りたいと思います。

今まではフィードサックを皆が好きになってくれて、使ってくれれば良いなでしたが、実際に買っていただいてみると
こりゃあ嫁入り後も責任あるなと、こんなことも考えられるようになりました。(遅かったかィ!)
遅い進化ですが、お許し下さい。

というわけで今日明日はこのようなポーチを作って、今週末にはタマヤさんに並べたいと思います。
そして、押し付けでなく、自然と心和むような作品に繋がるように努力したいと思います。
tamaya4.jpg


空きボックスも募集しているようなのでそちらのご希望の方も行って見て下さい。

そういえば、Youmishさん(ユーミッシュ)のマーケットでも少しフィードサック、レースなど
置かせていただいています。こちらはYoumishさんのアメリカンな生活雑貨、ハンドメイドなものまで販売
しています。リンクの方にUPしておきます。

次回は葉山ユニオン 6月11日です。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村



お買い物コーナー サーティーズスタイル

◆牛モーモーのフィードサックポーチ

2010.06.05.Sat.21:47
やっと長かった風邪が治り、調子が出てきたのですが、日本ブログ村を初め
いろいろな方の作品やライフスタイルなどを拝見すると素敵な作品や生活ぶり、
バラの季節に行き届いたお庭の画像など、よくいろいろなことをこなして
きちんとされている方の多いことに感心します。

それにひきかえちょっと落ち込み気味のイザベルです。

狭いのですがお庭があり、ハーブやバラも植えています。
が、全然ガーデニングの才能がありません。自分ではパッチの才能に全部使ってしまったといういいわけかな?

皆さん忙しい中、家事をこなし、パッチを進め、その上お庭やお家をきれいに保つなんてイザベルは全然出来ていません。

掃除に洗濯、料理に目の回る家事の多さ、パートにパッチとバタバタして落ち着かないし、疲れます。
パッチワークも上手に仕上がらなかったり、やり直したり、自己嫌悪になります。
時間の使い方もヘタだし、すぐ眠くなっちゃうし、アレコレイヤな自分。

あんまり他の方のブログばかり見るのもダメですね。
皆が良く見えて「私ってダメな女」を再認識してしまいます。

そんなこともあってブログの壁紙、ホームページの壁紙も変えてみました。

これがすごくさわやかなカモミール、癒されます。作者さんありがとう。
何かとたんに元気になっちゃいました。もっと努力しま~す。 


バラやアジサイの季節、我が家では貧弱なバラが放っておいたのに毎年咲いてくれます。

何やらじぶんのような風情で、お恥ずかしい。
bara1.jpg


ピンクがかったローズ色、本当は近所の花屋さんで紫がかったピンク色の可愛い苗を見つけました。
これなんか植えたら良いな~、アジサイもこの季節になると欲しくなります。

今年は可愛い鉢植えを買いました。これを地面に植えればよいのかも。
ajisai5.jpg


それから、元気になったのはこの牛モーモーの布、サクランボ布のおかげでもあります。
kazaguruma5.jpg kazaguruma6.jpg

牧場や果実柄は可愛いですね。

そして以前綿麻スラブ地で作った変形型紙のポーチを作って見ました。
kazaguruma8.jpg
kazaguruma2.jpg kazaguruma1.jpg


斜めにはいでいます。今回の特徴は無地ワッフル地です。
それぞれピンクとブルーグレー、バイヤスや斜め地に使っています。

これはルシアンのワッフル地、去年買いましたが今年は廃版。
とても使いやすいワッフル地です。アチコチ探し回ってどこにもありません。

結局ネットのルシアンショップで買いましたが、私が購入した後に半額セールになって、んも~!だね。

牛モーモーには風車さん、いつもバッグに忍ばせてモーモーちゃんと一緒にいたいです。
(かわいそうな宮崎の牛さん、ブタさん) 

今キットのレシピ作成中ですがレシピがハードなのでしばらくお待ち下さい。
日曜日に作成します。

先日のグレーの可愛い子も自分用に作っていますがまだ平面状態です。
kazaguruma7.jpg


レースで飾ったらさらに可愛くなりました。

キルトが細かくなくてすんません。ちょっと自己嫌悪引きずっています。
皆様はもっと細かくしてください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


◆山井イク夫 花の絵展 行きました。

2010.06.01.Tue.20:40

はい、本日行って来ました。西千葉、ギャラリー古島にて開かれております

山井イク夫さん 花の絵展
こちらは頂いたカレンダーです。
kaigaten4.jpg

昨日、ブログのコメントにスタッフさんが書いてくださったご案内です。

そもそも去年の鎌倉八幡宮さんのぼんぼり祭りの記事が発端です。

イザベルマイベストワンに輝いたぼんぼりに心魅かれました。
宵闇の中、そぞろ歩きほんわかした灯りにうっすら淡いピンクの百合。
kaigaten3.jpg


どのような方がかいているのか?このぼんぼりから受けた可愛さ、衝撃が印象にありました。
パステル調の繊細なのですが力強い感。

私もキルトを作るとき、同じといえば失礼ですが淡い感じで透明感を大事にする感があります。
あまり濃い色、茶色、黒は苦手です。

そしてこの可愛さです。

ドキドキわくわくの訪問でした。

何とご本人山井さん、奥様ごいっしょにお出迎え下さり、お話をたくさん伺うことが出来ました。
イザベルはこのような絵を描く方の頭の中、心はどのようになっていらっしゃるのかが興味深くて、
kaigaten5.jpg


なるほど、理解できました。

神様のお仕事を手伝っていられる天使のような方でした。
奥様はさらに愛の溢れている方、

この展覧会場、もちろん数々の花の絵、それに合った白と金の手作り額ブチが絵の一部になっています。
額縁、キルトですとボーダーですね。

これはとても重要なのですね。

このような空間に身をおいて、このような方たち又おりしも、たくさんのお客様でにぎわっておられる中、
大柴さんという美術館のお仕事に長年携わってこられたお方にも
お目にかかれてお話ができて夢のような時を過ごさせていただきました。
中学時代の稲川先生のお話も出たりして、(先生はご出身は鎌倉で、私とは違う市内の他の中学でした)
ありがとうございました。

山井先生の展覧会は明日6月2日まで開催しております。
総武線 西千葉 南口より3分 ギャラリー古島 2Fです。2日が最終日で終了時刻も早いようです。
kaigaten2.jpg


いかれない方はこの夏の鎌倉八幡宮ぼんぼり祭りで今年のぼんぼり絵を見ることができます。

八幡宮の境内の薄暗い中で見るのもコレもまた良し、
暑中の昼間も又よしです。アツイけどね~。
今からすごく楽しみです。

八幡様のお取り計らいです。
私はフィードサック<イザベル道(ドウ)>を見せたくてフィードサックを山井先生に持参、進呈しまして、
アメリカ布にもこんな素晴らしいものがあるのだよとアピールしたりして、恥ずかしいオバちゃんしてきました。

キルトは絵と同じですが、布ありきから入るので、本当はスラスラと絵筆で仕上げるより、
何倍も構想、製作に時間がかかるし、体力もかかります。
ましてや細切れ時間でチクチクですから、

山井先生はこのバラをかくのに20年かかったとおっしゃっていましたが、すなわち人生、心が絵に投影されていました。

そのスピリットが見事に咲いておりました。

イザベルもうかうかしていられません。
時間はかかっても生み出すエネルギーがあるのですからとにかく進みたいですね。

生きているとこんな日もあるのですね。

しばらく風邪で体調が悪かったのですが、ハートが癒されたようで帰りには治ってしまいました。
錦糸町から見えた例のスカイツリーです。
kaigaten7.jpg


帰りは浅草橋で現実的な材料、袋など買い、鎌倉到着後、穴場である豊島屋2階のパーラーで
フルーツパフェを食べてホッと一休みして帰りました。
kaigaten6.jpg 

駅前広場を一望に見渡せるこのお気に入りの場所。
(秘密だったけど比較的昼間でもすいてて、言っちゃいましたけど。)
kaigaten1.jpg
















にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
 | HOME |