◆鎌倉丸七商店街

2010.01.28.Thu.21:06
鎌倉駅からすぐそばにこんなレトロな商店街があるのを知っていますか。
丸七(マルヒチ)商店街です。ちょっと古めかしい不思議な異空間です。

駅前から東急横あたりの入り口と通り抜けると若宮大路側に出られます。
こちらは東急横そばミスド斜めあたり。
maruhiti4.jpg

maruhiti3.jpg


ここの入り口付近、玉屋さんがあります。
コーティング布などを販売していたのですが、ここ最近は鎌倉唯一のレンタルボックスになっております。

タマヤ・グレフレストさんです。

イザベルのパッチワーク小物やフィードサックセット、オリジナルキット
などをレンタルボックスで販売という運びになりました。

ネット販売だけでなく、ネットは嫌、実物を手にとって見たいというお客様に。
ぜひお立ち寄り下さい。

30cm平方の小さなスペースですが布小物、編み物、クラフト、カード、ビーズ、アクセサリー
など、いろんなものが所狭しと並んでいます。

イザベルのスペース、サーティーズスタイルは入ってすぐ左の真ん中、すぐ見えるところです。
鎌倉で唯一イザベルスペース、フィードサックを扱っているかもね。

スワニーの帰りにでも覗いてみてください。スワニーはちょうど1月30日までセールをやっているようです。
maruhiti2.jpg

この中を進むとおもしろい商店街が並んでいます。
隣は昭和レトロなお弁当箱やアルミのなべなど品揃えの多いおしゃれな雑貨屋さん。

マニアックな骨董屋さんもあり、3坪ほどのレンタルスペースあり、花やさんあり、定食やさん、
アメリカ系服、子供服、だんだん食品系になります。

maruhiti1.jpg

maruhiti6.jpg

イタリア屋さん、肉屋さん(安い・・・たまに行列)、餃子、おかずやさん、出口は魚屋さん。

ここが若宮大路側になります。

maruhiti7.jpg

こちらは前に鎌倉野菜連売所、ドコモなどの通り。

こんな駅の近場にあるの、昔ながらの市場のような雰囲気。

でもこれが最近すごい人どおり、注目の丸七商店街なのです。

イザベルのレンタルボックス タマヤ・グレフロストさんは日・木が定休日
10時半から5時くらいまでの営業です。

鎌倉にお越しの節は寄ってみてください。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

◆クレージーバッグとベークライト

2010.01.27.Wed.09:35
紺のコーデュロイで作ったクレージーのバッグ。
サテンやビンテージレース、リボン、フェザーステッチなどで飾っています。

bag12.jpg

なかなかパーティなどありませんので普段持てるように古いジーンズで作って見ました。
同じ型紙ですが雰囲気が変わりました。

ジーンズ素材にビンテージ布、ビンテージレース、ビンテージバックルが合います。
バックルはプラスティックの素材ベークライトというプラスティックの一種で作られたもの。
これが又良い味出しています。

今湘南深沢教室ではこのようなバッグを作っています。

bag11.jpg

ビンテージバックルがこれまた素敵に似合います。
以前アメリカのアンティークモールで見つけたものです。
bag16.jpg

ボタンもあります。
コレが又魅力的でどうしてこんなに可愛いのでしょうか。
bag15.jpg

ワタシがアノ世にいくときぜひポケットに忍ばせて持っていきたい。

こんなフィードサックの柄にもめぐり合いました。
bag13.jpg bag14.jpg

ありえないほどのアメリカ文化。素晴らしいです。
だからサーティーズは止められないのです。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

◆春らしい新キットできました。

2010.01.22.Fri.20:33
先日のまんまるバスケットのキット
ミシンと糸巻きのミニタペキット
フレンドシップノット・ウエディングリングのタペキット

3点ができました。Feedsack フィードサックで構成しています。

まんまるバスケットは作りやすいように 7cmのパターンを6枚並べました。

kit15.jpg  kit14.jpg kit18.jpg

ミシンと糸巻きのミニタペは今日発売のパッチワーク倶楽部掲載作品です。

kurabu5.jpg

kit12.jpg  kit13.jpg

Q&Aコーナーにパイピングテープのバイアステープの作り方 コツ
手荒れを防ぐ方法なんて ついでに答えたりしています。ハズカシイ~。

フレンドシップノット・ウエディングリングはダブルウエディングリングの応用編
又はレモンツリーのちょっと複雑といったところですが、一つ一つのピースが
あまり小さくないので、作りやすいと思います。

赤バージョンを1ヶ、紫&黄色バージョンを3ケ、限定です。
これは画像で4つつなげている参考画像です。

kit16.jpg

赤バージョンと比べると大人っぽいさわやかな感じになりました。
ぜひ作ってみてください。型紙が左右反転していますのでご注意下さい。

大きなフィードサックがなかなか入手困難なのでたくさん作れないのが困ったところ
ですが、世界に4つしかないと思ってください。

世界に4つだけのフィードサックキット。まだまだ目指して作ります。

次はバッグも良いですね。考え中。

皆さんも楽しんでください。


お買い物コーナーへ



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

◆バスケット

2010.01.17.Sun.19:10
東京ドーム キルトフェスティバル覗いてきました。

コンクールは日増しに細かく芸術的にマニアックに進化しています。
なかなか入賞は大変。

NHKの方がパンフレット配っていて福山龍馬がいたので見ていたら
大きいポスター撮ってよいですよとのお言葉。

明治時代の大河ドラマはあまり見なかったのですが、何か撮影方法が違うようで、最近見ています。
龍馬伝の書がすごいです。紫舟さんです。
生き方を文字に込めて表現しているそうです。パワーがあります。
ryoma1.jpg



何かあまり買うものも見当たらず、ちょっとマンネリ気味。
定番のレース布なんか買ってしまいました。

というのはフィードサックのキットにレース地がよく似合います。
気に入ったものがなかなかなくてキット製作が進みませんでした。

フレンドシップノット・ウエディングリングのタペストリーキットの紫&黄色バージョンを製作中です。
紫&黄色

これは以前の赤サクランボバージョンの色違いです。
もうすぐUPします。

春キット

又赤ストライプフィードサックのバスケット。
これもへたれないように接着芯を使っています。

basket1.jpg


可愛いキットをたくさん作っていきたいのですが、適材適所のある程度の量のフィードサックが
なかなか揃わないのでゆっくりになってしまいます。

じっくり良いキットを進めていきたいと思います。
ずっと見ていたい、作ってみたい、楽しい気持ちになるものをです。

先週は次女の成人式でした。
同級生も皆輝いていてきれい。

親はこれで一段落です。しっかり歩んでほしいですね。
seijin1.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

◆新年会&七福神巡り

2010.01.12.Tue.17:40
土曜日 鎌倉教室 初パッチワークレッスンです。

今年は何を作りたいかテーマを自分で考える宿題の発表です。
2年後の展覧会の目標、自分の作りたいものは何でしょうか。

せっかくなら好みのパターン、方向で取り組みたいですね。

生徒さんそれぞれのペースに合うように考えます。
じっくり計画を立てながら取り組んでいきます。
ちょっと大物でね。

今日は早めにレッスンを切り上げ、鶴岡八幡宮そばの創作料理 近藤さんにて新年会です。
こちらは料理の鉄人ですっかりおなじみの近藤さんです。何せ勝利した方です。

おもてなしの心が行き届いたお店にお料理です。
本日のメニューは 紫野のコース 

睦月の献立

先 付 雲子の柚子釜蒸し
     薬味、ポン酢 
取り忘れました、画像

八 寸 数の子と芹のお浸し
    イクラのみぞれ和え
    助子の玉子とじ    

焼き物 牛蒡入り卯の花コロッケ
     ひじきソース
kondo6.jpg  kondo8.jpg

焚き合わせ
    海老芋饅頭の蟹餡掛け
     牛そぼろ、菊菜、生姜
kondo7.jpg

     
お好みの一品選びます。

    平目のあられ揚げ           豆乳仕立ての生湯葉鍋 
kondo3.jpg kondo1.jpg

    味噌漬けローストビーフ
kondo2.jpg

    デザートです。おからチョコレートケーキに黒砂糖ゼリー、黒豆に金箔が素敵。
kondo5.jpg kondo4.jpg

うさぎやお正月のちりめん細工が飾られ、洗面所にも七福神や宝船のちりめんが良かったですね。

我がサークルはちりめんはあまり使いませんが来年の正月モノに宝船のタペストリーなんてアイデア良いね。
今日のメンバーはちょうど7人、七福神でした。

ミカベルが「私が弁天様!」だと。
はい、そうですね。そのとおりです。

じゃあ、私は何だろう。お腹の出ている布袋かな?


鎌倉七福神巡りの順路で紹介します。
神様紹介はウイキペディアより

布袋様  浄智寺
唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧。

弁才天(弁財天)様  鶴岡八幡宮内旗上弁天社
七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神。

毘沙門天様    宝戒寺
元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神で、これが仏教の神のヴァイシュラヴァナ(多聞天)になり
日本では毘沙門天と呼ばれる。

寿老人様   妙隆寺
道教の神で南極星の化身の老子。

恵比寿様  本覚寺
「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神

大黒天様   長谷寺
大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった。

福禄寿様   御霊神社
道教の宋の道士または、道教の神で南極星の化身の老子である寿老人の別名または同一神とされる。

ということで、節分や行事の多い鎌倉の七福神巡りなんていかがでしょうか。
私は妙隆寺、御霊神社はまだ行ったことないところです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




◆スーちゃんの通帳入れ

2010.01.08.Fri.14:57
仕事も始まり、2010年もいよいよ動き出しました。
私も動き出さねばと新年は新しい銀行通帳入れを作りました。

通帳も磁気が障害を起こすのでケースも入れられるような幅です。
もちろん、サーティーズで可愛いという条件です。
入れるところが2ケ所のダブルポケットです。

こちらは綿麻スラブで可愛いピンクドット、この生地がしっかりしていて丈夫です。

tyou2.jpg

こちらはオールフィードサックです。チッちゃいミニバラ模様です。
スーチャンをいつも持っていい、通帳の守り神になってもらいました。
tyou1.jpg

中はチラリ赤で可愛いく。スナップで留めます。ボタンはもちろんビンテージボタンを使っています。
tyou4.jpg

いずれもキットです。

以前の私の通帳入れです。ちょっとくたびれてきましたが使いやすいです。
tyou3.jpg

フィードサックもカットを少しアップしております。
こちらでどうぞ。↓

お買い物コーナー


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

◆鶴岡八幡宮初詣

2010.01.01.Fri.22:50
明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

tora8.jpg


さてさて、大晦日の紅白の矢沢永吉さんには感動しました。
還暦60歳の威厳、素敵な齢の取り方に圧倒、輝いていました。

実は私が高校生の頃、横浜松坂屋の屋上でキャロルを見に行ったことがあります。
当時のエイちゃん、ベースのウッちゃん(内海さん・・・鎌倉出身です)
黒の皮パンに黒のTシャツ姿で演奏していました。デビューの頃。まだ無料ステージでした。

それだけになんてのぼり詰めたこの今。

又歳月の早いこと。そんな思いが熱い気持ちになりました。

アリスの三人も素敵な同じ顔をしていました。

その後のジャニーズカウントダウンも若さの素晴らしさにこれまた感動。
人間って素敵です。

青春と還暦です。

毎日毎日思いを積み重ねて2010年になりました。



鶴岡八幡宮に初詣です。

今日は少し冷えます。

tora4.jpg  tora3.jpg


朝の6時、まだ暗い内に家を出ました。

暦で確認しました。1月1日満月なのです。びっくりしました。

まん丸い光輝く大きな月が目の前にありました。

朝6時の月があんなに輝いてまぶしいくらい。

東の空はもうすぐ日の出のぼやっとした風情。

冬の6時の空ってこんなだったのも知らなかった。

でも今日経験できました。早起きは得でした。

今年はミカベルと行きます。

tora2.jpg

巨大破魔矢に気づきました。まだこの時間は規制していません。紅白後は大混雑です。
この時間は日の出を見に海方面にいく人が多いようです。

でも不況のせいか、去年の同時刻より断然人々が多いようです。
カレンダーの休みの関係、高速料金の影響など色々あるのかもしれません。

ねらい目のこの時間帯です。この後は続々と人が集まり階段を上がるのに規制ロープになります。

まだこんなまばら。


tora6.jpg  tora5.jpg

だんだん朝日が昇って明るくなりました。  東の空の雲がきれい。
ミカベルはコーヒー、私は甘酒。おみくじは相応な吉が有難いところ。

tora1.jpg  tora7.jpg

庚寅の絵馬をゲット。  おなじみの山中材木店の虎の絵。 ガオーガオーと吠えています。

お参りして心がすがすがしくなりました。

又、人生頑張って私も素敵な還暦を目指します。(まだですが・・・)

ブログ読んでくださっている方、パッチを見てくださっている方いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
 | HOME |