バニティソーイングケースに挑戦

2007.02.12.Mon.19:43
20070212190557.jpg

今まで作りたいと思いつつも、難しそうで落ちついた時間がなければできない憧れのバニティソーイングケース。 
ついにこの3日間の連休を使って作ってみました。

3月のお教室のメニューになるのでオリジナルなところを盛り込みながらの挑戦です。

初めはコットン&ペイント誌の型紙を利用して丸型でふたを作ったところ、どうしても適当なファスナーサイズがありません。
スワニーにも両開き60cmしかなく、考えて考えてだ円にやり直しました。この方がフォルムもきれいで私好みだニャ。

結局片側ファスナー2本で悪戦苦闘しながらやり直したりあーだこーだの上できた。家事もろくにせず、みっちり3日間かかった大変なハードさだった。接着キルト芯も場所場所で薄さを変えたり試行錯誤の連続だった。
エネルギーがなくなったくらい疲れたものだった。でも満足、満足な出来上がりになった。
20070212191252.jpg

ひゃーっ。可愛い~。 裏ブタのポケットもグリーンのお気に入りのフィードサック。
ついでにアイスクリームカップの針刺しもお揃でつくったの。
アメリカビンテージのロウ引きのアイスクリームカップの在庫がいっぱいあり、いつも見ていたい。持っていたいアイテムだし。
20070212191755.jpg

ファスナー飾りのさくらんぼとりんごのビーズをつけ、中の仕切りはこれから考えよう。
そして、これは、キットにするつもり。色違いも作ろうかな。

鎌倉の仲良しのhayasi先生が出る 横浜・湘南地区在住8人のキルト代表作家とその仲間たちにキルターイザベルもブースのお手伝いに行きます。そのときに持っていこうかな。

3月8日~13日 横浜松坂屋 5階催事場 布・糸・針で彩るキルト展です。

スポンサーサイト

真っ赤なバレンタインハート

2007.02.04.Sun.17:39
パッチワーク教室のメニューを考えるのには苦労します。

季節のイベント小物を混ぜながら 先に出来上がるのを予定するので
何にしようかと思い1月はバレンタインの真っ赤なハートにしました。

サテンのハートにヴィクトリアン風のリボンやレースを飾ってみました。綿をつめてぬいぐるみのように作るので簡単です。よく見えないけど細いリボンにパールを置いたりする技術も教室ではやります。もちろんフィードサック使用です。

バレンタインの熱い思いも今やハートが出来上がることですっかり大満足で、誰かにチョコレートを渡すなんてことは、遥か遠い昔の出来事のような私になっていました。めんどうくさい行事だね。

heart.jpg

そんなことより2月はおひな様です。キットは単発教室ですので気軽に習いにいらしてください。可愛いピンクの桜模様の布で作っております。
hina4.jpg

 | HOME |